沿革

1962年 3月
群馬県桐生市に有限会社山岸鉄工所を設立
機械修理・アコーデオンシャッター製造・販売。
1966年 3月
ムトンハンマー(0.8t)を導入し、鍛造業を開始。
1974年 9月
有限会社山岸鉄工に改称し、資本金300万円に増資。
1979年 4月
ボードドロップハンマー3基を導入し、小ロット品の型打鍛造を開始。
1982年 9月
株式会社山岸鍛工に改称。
1985年 8月
群馬県新田郡笠懸村(現みどり市笠懸町)に新工場設立。
エアスタンプハンマー3基を導入し、生産能力の倍増を図る。
1988年 3月
2,500tフルオートレバープレスを導入し、熱間プレス鍛造を開始。
2003年 3月
ISO9001:2000版を認証取得。
2008年 12月
8t超エアスタンプハンマー新規導入。
2012年 4月
電力デマンドコントローラ監視で積極的な省エネの取組みを開始。
2014年 6月
施設内全照明をLED化。
2014年 10月
CNC旋盤機導入(最大加工径550Φ)。
2015年 9月
会社隣接地取得(1,787m2)。
2016年 2月
インバーターエアコンプレッサー導入(200kw)。
2017年 3月
ISO9001:2015版を認証取得。
 
現在に至る。